健康になるブログ-運動 睡眠 食事 美容でより良い自分を手に入れる

健康オタクの自分が調べて実践した事を配信していきます。

健康になる為のデスライティング

受け入れるメンタルをデスライティングで鍛える

健康になる為のデスライティング

「皆さん!こんにちは!」ここ数日は受け入れるメンタルを鍛えるための方法を書いて来ました。 

www.yu8899e.com

 

今回も受け入れるメンタルを鍛える方法としてデスライティングを紹介します。

 

デスライティングはイギリス・ケント大学の心理学者が実験で効果を確認した手法です。

 

いたってシンプルな方法なので実践しやすいと思います。それではみていきましょう。

 

1週間だけ死についての文書を書く

健康になる為のデスライティング

デスライティングというのは、1週間だけ「死について」の文章を書くというものです。「なかなか重たいな。

 

  • 自分の人生がもうすぐ終わるとしたら?
  • 思ったよりも寿命が短いと知ったらどんな気分になるだろう?
  • どんな人生の最後がいいだろう?

 

などなんでもいいので自分の死に関するエッセイを書いてみましょう。

 

その内容は「怖くてたまらない。死ぬなんて嫌だ!」のように素直な感情を記してもOKですし、

「過去の偉人は死についてこう話していた」のような一般的なエッセイでも構いません。

「自分が死んだら一番の親友に弔辞を読んでもらって、その時に彼はこんな言葉を残してくれるだろう」のように、自分の葬儀シーンを細かに描写してみるのもいいでしょう。

 

とにかく、1日10〜15分の時間を使って死について考える時間を持つのがポイントです。

 

実験では、この「デスライティング」を行った学生たちはモチベーションや自尊心が増した上に、他人への思いやりや協調性なども上昇しました。

そして全体的なストレスレベルも減って、よりリラックスできるようになりました。

 

たった1週間続けただけでこの結果はなかなかのものだといえます。

 

自分の死について考えることなんてあまりないと思うのでやってみると自分を見直すことができてとても良いです。

 

人生の希少価値が増す

健康になる為のデスライティング

このような実験の結果が出るのは、自分の死について考えることで人生の希少価値が増すからだそうです。

 

古来から、多くの哲人や詩人が「死を想え」や「その日を摘め」といったフレーズを残してきましたが。これらの名言は科学的にも正しいと言えます。

www.yu8899e.com

 

ただし、このデスライティングは、あくまで短期的なストレス対策用に使ってください。

 

うつ病や不安障害などに悩む人が行うと、逆にメンタルが悪化させてしまう可能性がありますのでくれぐれも注意してください。

 

人生の最後を見つめ直して健康になろう。

健康になる為のデスライティング

今回は健康になる為のデスライティングを紹介しました。最後にまとめます。

  • デスライティングは受け入れるメンタルを鍛えられる

 

  • 自分の死についてなんでもいいので1週間10〜15分書く。

 

  • デスライティングをするとモチベーションや自尊心が増して、他人への思いやりや協調性なども上昇し、ストレスも減りリラックスできる

 

  • デスライティングをすると人生の希少価値を増すことができるがうつ病や不安障害の方がやるとメンタルが悪化する恐れがあるので短期的なストレスに対しておこなおう。

です。

 

死について考えると人生の意味や本当にやりたい事に向き合えるので、自分を見失いかけてる方は一度やってみてください。

 

次回は健康になる為の脱フュージョンを紹介します。次回もお楽しみに!