健康になるブログ-運動 睡眠 食事 美容でより良い自分を手に入れる

健康オタクの自分が調べて実践した事を配信していきます。

スキンケアに必要なのはこの2つだけ

 

スキンケアに必要なのは保湿と日焼け止め

いつもブログを見ていただきありがとうございます。

 

今回のテーマはスキンケア

 

今の世の中には色んなスキンケアグッズが、あふれています。「この美容液をつければシワがなくなる」「このジェルでシミがとれる」などテレビのCMや番組などをよく見かけます。

 

そんなCMや番組を作るには莫大なお金が必要というのはご存知ですか?

 

そしてそんな広告料も私たちが使う化粧品には含まれています。

 

そこで今回は広告費にお金をかけている化粧品を買う価値はあるのか?

お金をかけずに効果がある方法はあるのか?

という疑問を解決してくれるアメリカ皮膚科科学会という、皮膚に関する世界でいちばん大きな学会の、研究をもとに紹介していきます。

 

それではみていきましょう。

 

 

スキンケアに化粧水は不要

スキンケアに必要なのは保湿剤と日焼け止め

この見出しを見て「えっ!」って思われた方は多いと思います。

 

私たちがよく使っている化粧水は不要と結果が出た実験があります。

この実験では、参加者を次の4つのグループに分けました。

  • 化粧水だけ塗ったグループ
  • クリームだけ塗ったグループ
  • 化粧水、クリームの順で塗ったグループ
  • クリーム、化粧水の順で塗ったグループ

 

そして、それぞれの肌質を調べたところ、次のような結果が出ました。

  • 化粧水だけ塗ったグループは1.2時間で水分が蒸発した
  • それ以外のグループは効果が変わらなかった

 

つまり、クリームを塗れば、化粧水を先につけても、後からつけても、あるいはつけなくても、肌への影響に違いはなかったのです。

 

化粧水やクリームをつけても効果が変わらないって衝撃ですよね。

 

「化粧水とクリームが意味ないならどうしたらいいんやー!」と私は叫びました。

 

それではいつもやるスキンケアに意味がないならどうしたら良いのでしょうか?

 

 

スキンケアに本当に必要なのは保湿と日焼け止め

スキンケアに必要なのは保湿と日焼け止め

結論から言うとスキンケアに必要な事は肌にダメージを与えるものに対してちゃんとケアをするということです。

 

肌にダメージを与えるものは2つあります。1つは乾燥です。

 

乾燥を防ぐために肌に保湿剤を塗るのが有効になります。

 

とはいえ、値段の高いクリームなどは必要ありません。要するに、脂で皮膚の上に膜をつくればいいのです。

 

保湿剤として有効なのは、天然オイルです。

 

天然オイルといっても様々な種類がありますが、ココナッツオイルがおすすめです。

 

ココナッツオイルは髪への浸透もいいので、髪からボディケアまでこれ一つで、すませることができます。

 

オススメのココナッツオイルです。これ一つで半年以上はもってくれます。


ジャローフォーミュラズ(Jarrow Fromulas) エキストラバージンココナッツオイル 454g [並行輸入品]

 

 

また天然オイルはあわないという人はオイルの種類を変えたり、ワセリンを使ったりして色々試してみてください。

 

ワセリンは子供の肌にも塗ることができるので、ワセリンでトラブルが起こるようなことはほとんど考えられません。

 

ココナッツオイルは溶けやすいので、運動をするときなど汗を書く場面ではワセリンがオススメです。

おすすめのワセリン


大洋製薬 ワセリンHG 単品

 

2つ目の肌へのダメージの原因は紫外線です。

外に出ると日光をあびますが、このときに皮膚にダメージを受けます。

 

それを防ぐためには日焼け止めが有効になります

 

日焼け止めは「広域スペクトラム」という機能が付いているものを選びましょう。

 

これはいろいろな波長を吸収してくれる日焼け止めということです。

 

アメリカ皮膚科科学会はSPF(シミやそばかすの原因となる紫外線β波の防止効果を表す目安の数値)30以上のものを推奨しています。

 

50など高いほうが強力だといわれますが、30でも問題はありません。

 

SPFの高さよりも、塗り直すことのほうが大事です。

 

というのも、日焼け止めは塗ったあと、だんだんと落ちてくるからです。ですから、外にいるときは2時間おきに塗り直すようにしましょう。

 

さらに防水仕様の日焼け止めであれば、汗で落ちたらムラになったりもしないので良いとおもいます。

 

 

肌トラブルを解消する方法

スキンケアに必要なのは保湿と日焼け止め

肌のトラブルがスキンケア商品ですべてを解決できると思われがちですが、

 

「1週間でシワが消えた」

 

「10歳若返った」

 

というものはありません。

 

臨床試験で、効果が確認されていてもアメリカ皮膚科科学会では怪しいとしているものもあるようです。

 

効くとされるスキンケアでも、劇的な効果が期待できるわけではありません。

 

保湿剤と日焼け止めを使いつつ、タンパク質をたくさんとって、睡眠の質を高め、内側から良くすることでターンオーバーを早めていくことが大切です。

 

質の良い睡眠を取るための記事です。参考にしてください。

www.yu8899e.com

 

 

基本は保湿剤と日焼け止めですが、

 

美白ならハイドロキノン


純 ハイドロキノン 4% 配合 日本製 ハダポイントクリームHQ オハダノビ

 

シワならレチノール


チューンメーカーズ レチノール 10ml 原液美容液 リニューアル商品

 

という成分が有効ですので、参考にしてください。

 

 

 

肌荒れには観葉植物

スキンケアで必要なのは保湿と日焼け止め

あとデスク周りに観葉植物を置くことで肌荒れが改善するという研究結果があります。

 

他にも観葉植物の実験で350人を対象に、植物を毎日見ながら作業をしてもらう実験を行なったところ、良い結果が出ました。

  • 幸福感が47%、つまり、約1.5倍増加
  • 作業効率は38%、つまり、約1.4倍増加

 

肌荒れに悩んでいる方や落ち込みがちな方は、手間がかからず育てやすい観葉植物を周りに置いてみるのもいいとおもいます。

 

観葉植物の記事です。参考にしてみてください。

www.yu8899e.com

 

 

 

綺麗な肌を手に入れて健康になろう

スキンケアに必要なのは保湿と日焼け止め

今回はスキンケアに必要なのはこの2つだけを紹介しました。最後にまとめます。

 

  • 化粧水は蒸発してしまうので使っても意味のないものが多い

 

  • スキンケアに必要なものは保湿剤と日焼け止め

 

  • 保湿剤は天然のオイルかワセリンを使用しよう

 

 

  • 肌トラブルはスキンケアだけでは解消されないので良い食事をして、しっかり睡眠をとり内側から綺麗にしていくことが大切。

 

  • 美白ならハイドロキノン、シワならレチノールを使うようにしよう

 

  • 観葉植物は肌荒れも改善してくれて幸福感と作業効率も上げてくれる

 

です。

肌は健康のサインとも言われるので内側からも外側からもケアするようにしましょう。

 

今回の記事の参考にした本を紹介します。

とても読みやすい本です。


最高のパフォーマンスを実現する超健康法 [ メンタリストDaiGo ]

 

次回は昼ごはんに脂肪分をとると仕事ができなくなるを紹介します。次回もお楽しみに!