健康は人生を変える

健康オタクの自分が調べて実践した事を配信していきます。

脚力とIQは比例します

脚力とIQは比例する

いつもブログを見ていただきありがとうございます。

 

今回は脚力とIQは比例する。です。

 

勉強していい成果をあげたい!せっかく勉強するなら勉強した事をすぐ覚えたい!

 

と誰もが思います。

 

時間は有限であり、平等です。

 

この大切な時間を上手に活用していい成果をあげる!!

 

そのためにな脚力を鍛えることが大切です。

 

脚力を鍛えることで集中力が増し、記憶力も上がり、生産性が上がることがわかっています。

 

そこで今回は生産性があがり、記憶力もあがる筋トレ方法を紹介します。

それではみていきましょう!

 

 

記憶力が1.5倍にあがる筋トレ法

脚力とIQは比例する理由は脚力を鍛えると記憶力が1.5倍あがる

脚は「第2の心臓」といわれるように、脚を鍛えることによって血液が体の中をめぐる効果が高まるため、代謝があがり、脳に血液がたくさん流れて判断能力が上がっていきます。

 

ですから、下半身の筋トレはすごく大事なのです。

 

昔から筋トレをすると頭が良くなる、頭の回転が速くなる、ストレスに強くなる、メンタルが強くなるといわれてきました。

 

ある研究では、勉強をする前に筋トレをしてもらい、勉強の内容がどれくらい記憶に残ったのかを調べる実験を行ったのですが、結論からいうと、1.5倍も記憶力も記憶力が上がりました。

 

実験は、参加者が勉強する前に脚を動かすレッグエクステンションを50回やってもらいました。

レッグエクステンションの動画


レッグエクステンションの分かりやすいやり方

 

できる人はバービージャンプでもいいです。

パービージャンプの動画


バービージャンプ

 

バービージャンプがきついという人は、普通のスクワット50回でもOKです。

スクワットの動画


【初心者】正しいスクワット講座【筋トレ】

 

いずれにしても、脚の大きな筋肉を動かすと血行が良くなり、脳にまわる血流量が増えます。

 

この実験では、レッグエクステンションを50回やってから勉強し、2日後にどれくらい覚えているかをテストしました。

 

すると、レッグエクステンションを行なった被験者は、筋トレをしなかった被験者に比べて、エピソード記憶の脳力が50%も上がったのです。

 

エピソード記憶というのは、「昨日はなにを食べましたか」「3年前に起こった事件の概要を話してください」といった質問に答えてもらうテストです。

 

記憶のなかには、たとえば昔観た映画をおもいだすときに、「あの主人公はこういう話をして、こういう行動をとった。すると・・・」というように、エピソード形式の記憶力がたかまるのです。

 

なぜこんなことが起こるのかというと、筋トレをするとドーパミンやアドレナリンというホルモンが分筆されます。

 

ドーパミンやアドレナリンはテンションを上げるホルモンであり、感情を浮き立たせる効能があります。

 

その結果、感情に訴えるようなエピソードほど、筋トレをすると心に残りやすくなるのです。

 

ちなみに、この時行なう筋トレは、脚の運動でなくてもかまいません。

 

何かを覚えようとするときは、一緒に筋トレをするといいのです。

 

 

 

勉強の前には筋トレをしよう

脚力とIQは比例する理由は脚力を鍛えると記憶力が1.5倍あがるので勉強前に鍛えよう

これは、小説を読む際はもちろん、実用書や専門書、教科書などを読む際にも使えます。

 

読み進めながら、「これ、おもしろいなぁ」とか「これはないでしょう」と、自分のなかで記憶をエピソード化すればいいのです。

 

円周率を覚えるような数字を覚えるのは難しいけどかもしれませんが、ふつうの本ならかなり記憶することができます。

 

また、勉強前に腕立て伏せやスクワットなどを行なうと、1.5倍も記憶に残りやすくなるので、是非やってみてください。

 

スクワット50回が無理だったら、30回でもかまいません。

 

ちなみに、スクワット50回というと大変そうに聞こえますが、慣れてしまえば意外とあっさりできるようになります。

 

生活に筋トレを取り入れて健康を手に入れよう

脚力とIQは比例する

今回は脚力とIQは比例しますを紹介しました。

最後にまとめます。

 

 

  • 本などを読む際は自分のなかでエピソード化をする

 

  • 脚の運動じゃなくても効果が出るので勉強前の筋トレを習慣にしよう

 

です。

 

どうせ勉強するなら効果が出る方法を取り入れて自分を成長させていきましょう。

 

次回はカフェインが筋トレの効果をあげるをしょうします。次回もお楽しみに!