健康は人生を変える

健康オタクの自分が調べて実践した事を配信していきます。

腹筋割りたいならあの部分を鍛えるべし

腹筋を割るなら脚を鍛える

いつもブログをみていただきありがとうございます。

 

今回のテーマは腹筋を割るならあの部分を鍛えるべし!

 

かっこいい体の定義はなんといっても割れた腹筋です。

 

腹筋が割れるだけで体のラインが綺麗に見えて、健康な体と思われます。

 

歳を取るにつれてお腹まわりに脂肪がつき、「若い頃は締まってたのになぁ」とぼやいたりします。

 

誰もが割れた腹筋を手に入れたいと思うでしょう。

 

そこで今回は割れた腹筋を手に入れるための方法を紹介します。

それではみていきましょう。

 

 

腹筋ローラーはあまり意味がない

腹筋を割るなら脚を鍛える

痩せるために脂肪を燃やそうとか、腹筋を割ろうと思ったら、真っ先にやることが下半身の筋肉を鍛えることです。

 

というのも、よく「部分やせ」などと言われますが、特定の部位だけやせることはできないからです。

 

特定の部位だけ脂肪を落とすことはできないので、下半身を鍛えて細くすることが大切なのです。

 

腹筋を割る場合でも、同じことがいえます。

 

腹筋を割るために、腹筋運動をしたり腹筋ローラーを使ったりする人がいますが、基本的に腹筋は筋肉量が多くないうえ、消費カロリーも多くないので、腹筋を鍛えても腹筋は割れないし、体脂肪もあまり落ちません。

 

痩せるためにいちばん効率がいいのは、大きい筋肉を鍛えることです。

 

つまり、体の中でもっとも大きい筋肉である大腿四頭筋を鍛えるのが正解です。

 

そのためには、スクワットや階段の上り下りをすればいいし、効率よく鍛えるために、カフェインにアシストしてもらえばいいわけです。

 

1日3.4杯のコーヒーで人生を変えましょう。

 

www.yu8899e.com

 

 

腹筋を鍛えるならスクワット

腹筋を割るなら脚を鍛える

腹筋ローラーやヘルボールといった腹筋を鍛える器具を使った場合と、普通にシンプルにスクワットをやった場合をくらべた研究によると、実は腹筋トレーニング系の器具にはほとんど意味がないことが明らかになっています。

 

むしろ普通のトレーニングをやったほうがいいようです。

 

 

ところで、女性のなかには、「スクワットをやると脚が太くなるからイヤ」とか「ムキムキになりたくない」という人もいますが、スクワットをやったからといって脚がムキムキになることはありません。

 

女性の体は男性からホルモンの分泌が多くないので、相当ゴリゴリに鍛えるとかステロイドでも打たない限り、筋肉は太くならないのです。

 

むしろスクワットをしたほうが、脚は確実に細くなります。

 

男性は男性ホルモンが多いのでちょっと鍛えるだけでたくましい脚になります。

 

 

 

カロリー制限は必須

腹筋を割るなら脚を鍛える

そもそも腹筋を割るためには、カロリー制限をしないとダメだということです。

 

要するにお腹の脂肪を落とさなければならないのです。

 

極端ない例ですが、大相撲の力士の腹筋の筋肉量はものすごいです。

 

でも彼らの腹筋は割れているようには見えません。

 

これは意図的にですが、脂肪がたっぷりあるからです。

 

腹筋が割れる状態にしたければ、何らかのかたちで摂取カロリーを減らす必要があるということになります。

 

腹筋を割るためにはHIITというトレーニングも有効です。

 

www.yu8899e.com

 

 

腹筋を割ることで健康を手に入れよう

腹筋を割るなら脚を鍛える

今回は腹筋割りたいならあの部分を鍛えるべしを紹介しました。

最後にまとめます。

 

  • 腹筋を割りために腹筋運動や腹筋ローラーは無意味

 

  • 腹筋を割るためには体の中でいちばん大きい筋肉大腿四頭筋を鍛える。

 

  • 女性がスクワットをしても足が太ることはない。むしろ細くなる

 

  • 腹筋を割るためにはカロリー制限が必須

 

です。

 

脚を鍛えることで頭も良くなり、体もカッコよくなる。

 

これは鍛えるしかないですね。

 

次回は運動といえばランニングの意外な落とし穴を紹介します。次回もお楽しみに!