健康は人生を変える

健康オタクの自分が調べて実践した事を配信していきます。

ダイエットに失敗しない心得

ダイエットに失敗しない心得

いつもブログを見ていただきありがとうございます。

 

今回はダイエットに失敗しない心得。

 

今年こそはダイエットに成功するぞ!

 

と思い結局失敗してしまう。

 

太ってしまう習慣をつけてしまうとなかなか変えれないものです。

 

でも人間の習性をちょっと理解するだけでも成功率がぐんっと上がることがわかっています。

 

そこで今回はダイエットに失敗しない心得を紹介したいとおもいます。

それではみていきましょう。

目次

 

人間の恐るべき習性

ダイエットに失敗しない心得

誰もが一度や二度は計画倒れを経験したことがあると思いますが、その原因のほとんどは、「どうにでもなれ効果」によるものです。

 

たとえば、よく、15分単位で1日のスケジュールを組む人がいますが、これはすごく失敗してしやすいやり方です。

 

なぜなら、何通ものメールに対する返信を15分で送ろうとしているときに、別の連絡が入ったため、終わらせることが出来なくなったとします。

 

その時点で「今日は取り戻せないから、もうどうにでもなれ」と思ってしまうことが多いからです。

 

人間というものは面白いもので、一つのことに失敗すると、本来の目的のこととは真逆のことをやるようになり、誘惑に弱くなり、「どうせ失敗だから、もう今日はやらなくていいや」「明日からやろう」となっていきます。

 

これは、今日は朝起きたら数学を15分やって、英語は15分やって・・・というように、線密な計画を立てるタイプの人におこりがちだといえます。

 

あるいは、ダイエットをしている人が、

 

「今日は絶対、間食をしない!」

 

と思っていたのに、一口だけお菓子を食べた瞬間に、

 

「あっ!いまお菓子を食べちゃったから、もう今日はどうでもいいや。何でも食べていい日にしよう」

 

となって、カロリーの高いものを食べたり、夜中にラーメンを食べに行ったりするようになります。

 

このように、小さなミスとか小さな例外によって自制心が崩壊し、計画倒れになることを、「どうにでもなれ効果」とよんでいます。

 

これが起こると、そのあとには自己嫌悪がやってきます。

 

この自己嫌悪によって、「自分はなんてダメな人間なんだ」と自分を責め、自分からストレスを高めていき、その結果、計画倒れにつながっていくわけです。

 

この自己嫌悪さえなければ、たとえばダイエットを1日や2日休んでも、その習慣が途切れることはありません。

 

神様ではないのですから、できないときはあります。

 

でも、だからといって、自分はダメな人間だと思う必要はないのです。

 

大事なのは、「どうにでもなれ効果」を起こさないことです。

 

計画通りいかないこと、ダメになることはいくらでもあります。

 

世の中、計画どおりに進むことの方が少ないのです。

 

ですから、まず、「どうにでもなれ効果」が起こりやすいことを前提にして、それを防ぐためにはどうすればいいかを勉強しておくこのが大切です。

 

どうにでもなれ効果を防ぐには

ダイエットに失敗しない心得

この「どうにでもなれ効果」は、じつは起こりやすい条件が決まっているので、その条件を理解すれば、十分避けることができます。

 

その条件とは、次の二つです。

 

1.短期目標しか持っていない

たとえば、「今日は炭水化物をとらない」「今日は間食をしない」「今日だけは勉強しよう」というような短期目標しか持っていない場合に、人は誘惑に弱くなります。

 

それに対して、具体的な行動に落とし込めるような長期的な目標をもっている人は、簡単に誘惑に負けることはありません。

 

たとえば「年末までに55Kgまで体重を落とそう」「来年の夏には腹筋を割ろう」という長期の目標をもっている人は大丈夫です。

 

短期目標しかないと、「どうにでもなれ効果」が起こりやすいので、誘惑に負けそうになったときは長期的な目標を思い出してみることがとても大事です。

 

2.「やめる」という目標を立てたとき

二つ目は、何かを「やめる」という目標を立てたときです。

 

こういう場合に、「どうにでもなれ効果」がおこりやすいのです。

 

たとえば、「今日は炭水化物をとらないぞ」「今日はYouTubeをみないで勉強するぞ」という目標を立てたとします。

 

じつは、炭水化物を食べない、脂肪分は少なめ、脂っこいものは食べないといった「しない目標」というのは、達成する確率がめちゃくちゃ低くなるため、「やめる」という目標はすごくやりづらいわけです。

 

これは、「ピンク色のゾウについて考えて下さい」とおなじです。

 

あるいは、有名なシロクマ実験があります。

 

「シロクマについて考えないで下さい」と言われると、余計にシロクマのことを考えるようになるのと同じで、人間は「やめる」という目標を立てると、誘惑に弱くなり、「どうにでもなれ効果」が起こりやすくなります。

 

ちょっとお菓子を食べただけで、「あー、もういいわ。食べないという目標は達成できなかったから、もう終わりだ!もう好きなだけ食べてやる」となりやすいのです。

 

ですから、「短期目標」と「やめる意識」には気を付けましょう。

 

 

 

ダイエットに失敗しないように完璧主義を捨てる

ダイエットに失敗しない心得は完璧主義を捨てる

一つの場面、一つのカテゴリーで、「どうにでもなれ効果」が起こると、別のシチュエーションでも「どうにでもなれ効果」が起こりやすくなります。

 

たとえば、「ダイエット中にお菓子を食べない」という目標を立てている人が、誘惑に負けてお菓子をひと口食べてしまい、「どうにでもなれ効果」が起こったとします。

 

そんなとき、「もういいや、お菓子をたべてしまえ」となると、同時に「貯金もしようと思ったけど、もういいから使っちゃおう!」となります。

 

つまり、「どうにでもなれ効果」にはまると、他のカテゴリーでも起こるわけです。

 

ですから、お菓子の誘惑に負けることによって、お金を使って、仕事もサボって、ということになりかねないのです。

 

では具体的にどうすればいいのでしょうか。

 

先ほどお話しした、起こりやすい条件の裏返しを考えればいいのです。

 

2つ挙げておきましょう。

 

1.短期目標を長期目標に切り替える

もちろん短期がらダメだというわけではありません。

 

たとえば、痩せるために、今月1ヶ月は炭水化物をとらないようにしようというのは、べつに問題ありません。

 

でも、その先に何があるかというと、「半年後にビーチに行ったときに、カッコいい肉体でモテよう」というふうに決めておくわけです。

 

こうすると長期の目標があるから、今の短期の目標で誘惑に弱くなることはなくなります。

 

2.「やめる目標」を「やる目標」にかえる

つまり、「これをやめるかわりに、これをする」あるいは「これをしたいとおもうから、かわりにこの行動をとる」という代替行動を決めておくわけです。

 

たとえば、「炭水化物のかわりに野菜を食べる」「かわりにナッツを食べる」というふうに、新しい条件づけをつくっておくことが大切です。

 

このように、「かわりの行動をとる」を頭に置いて何かをすると、「しない」よりもきちんとできる可能性が高くなります。

 

代替行動を決めておくのは、いいテクニックです。

 

もちろん、簡単なものばかりではありません。

 

「会社に行かないかわりにどうしたらいいだろう?」

 

というのは難しくおもいます。

 

そういう場合は、朝起きたくないと思ったら、そのかわりに、とりあえずカーテンだけ開けてみるのです。

 

あるいは、とりあえず犬にご飯だけあげてみましょう。

 

ジムに行きたくないなぁと思ったら、とりあえずウエアだけ玄関に持っていくのもありかと思います。

 

そんなふうに、自分にとって簡単な行動に置き換えていくわけです。

 

そうするとやる気が出やすくなり、「どうにでもなれ効果」を防げるようになるので、ぜひ試してみてください。

 

代替行動で、失敗する人には、完璧主義の人が多く、代替行動がすごく大変な行動になっています。

 

たとえば、「炭水化物を取りたいと思ったら、炭水化物をいっさいとらないかわりに、健康的な食事を心がける」とか「野菜を800g食べる」といったように。

 

代替する部分は自分のできる範囲で設定してみましょう。

 

 

 

 

 

自分をコントロールして健康を手に入れよう

ダイエットに失敗しない心得

今回はダイエットに失敗しない心得を紹介しました。最後にまとめます。

 

  • どうにでもなれ効果が計画倒れを引き起こす

 

  • どうにでもなれ効果を防ぐには短期目標と長期目標を設定する

 

  • どうにでもなれ効果を防ぐにはやめる目標をやる目標にする。代替行動を設定する

 

  • 完璧主義になりすぎると計画が失敗してしまう可能性が限りなく高くなる

 

です。

ダイエットだけでじゃなく、色んなことに言えることだとおもいます。

 

人間の習性を理解してうまく付き合っていきましょう。

 

次回は太ると脳は痩せるという恐ろしい事実を紹介します。次回もお楽しみに!